新着情報

2017/11/30 更新

11/19「赤ちゃんのお風呂教室」を行いました

平成29年11月19日(日)に、男鹿市保健福祉センターで「赤ちゃんのお風呂教室」を行いました。
3組のご夫婦と、娘さんとご家族の方と合わせて4組がご出産に備え参加して下さいました。
この教室は赤ちゃん人形を使用し、実際にお風呂に入れる実技をメインにおこなっておりますが、今回は妊婦体験ジャケットをお父さんに体験させたいという目的で参加された方がおりました。妊娠中は、少しずつ大きくなっていくお腹に喜びを感じ、出産への期待も大きく膨らみますが、臨月ともなれば、お腹の大きさ・重さにお母さんの体は悲鳴を上げていきます。階段の上り下り、しゃがむこと、寝返りすること等々、普段は簡単な動作が妊娠中は、一呼吸おいて「よいしょ」と気合を入れることが多くなっていきます。そんな時、お父さんが「大変だよね」と共感してくれたり、優しい言葉をかけてくれると、お母さんと赤ちゃんを大事に思っているお父さんの気持ちがダイレクトに伝わるのではないでしょうか。今回妊婦ジャケットを体験して下さった方は、「あっ!重い」「寝返り苦しいね」「妊娠中って大変だね」とお母さんをいたわる声が多く聞かれました。その時のお母さんはとっても嬉しそうでしたよ。

ページの先頭へ移動