出産育児一時金

支給額は42万円

国民健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金が支給されます。

  • 産科医療補償制度に未加入の医療機関での分娩の場合は40.4万円です。

申請手続き

直接支払制度・受取代理制度を利用する場合

医療機関が、出産した方に代わって一時金の請求を行います。

  1. 入院時に【保険証】を医療機関等の窓口に提示してください(妊婦健診等でリスクが判明した場合は【限度額適用認定証】も提示する)
  2. 医療機関等より「出産費用明細書」または「診療費請求書兼領収書」をもらう
  3. 出産費用が42万円未満の場合、差額分を請求する際は保険者(出産した方が男鹿市国保加入者の場合は市役所総合窓口)に届け出をします

直接支払制度・受取代理制度を利用しない場合

出産費用全額を医療機関に支払い、後日、保険者に手続きをします。

出産した方が国保加入者の場合、市役所窓口の手続きに必要なもの

  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 直接支払制度・受取代理制度利用(または利用しない)の同意書
  3. 「出産費用明細書」または「診療費請求書兼領収書」
  4. 母子健康手帳
  5. 印鑑
  6. 世帯主名義の通帳または口座番号などの控え
  7. 代理の方の場合は、身分を証明できる物の提示(運転免許証等)
  • 妊娠12週以上であれば、死産・流産の場合にも支給されますので、医師の証明書をお持ちください(妊娠22週未満での出産等の場合は40.4万円になります)
  • 社会保険に1年以上加入していた場合、資格喪失後6ケ月以内であれば社会保険から給付を受けることができます。国民保健と重複しないよう手続きしてください
生活環境課 保険班 TEL0185-24-9112
ページの先頭へ移動