子育てコラム

こんにちは。教育・保育アドバイザーの小玉です。

こんにちは。教育・保育アドバイザーの小玉です。
男鹿に来て2年目の夏が来ました。夏が苦手で毎年夏バテをしていたのですが、去年は夏バテをせずに過ごせました。夏バテだけでなく、体調面でも風邪をひかなくなったのにはビックリしています。これも旬の新鮮な野菜や男鹿の心地よい海風のおかげだと思っています。とはいえ、毎年気温が高く体調を崩される方も多いと思いますので、みなさんも栄養と休息をとって暑い夏を乗り切ってくださいね。

私事ですが、引っ越してきてからまだ開けていなかった後回しにしていた荷物を先日ようやく片づけました。(遅すぎです・・・)その中に子どもの保育園の時の写真や連絡帳が入っていて一時片づけが中断・・・。「こんなに小さかったんだねー」「かわいいー」など言いながら保育園時代を思い返しました。子どもたちが歩けるようになるまで自転車やベビーカーで通っていましたが、歩けるようになってからは手をつないで歩いて通いました。大人の足では5分で着くのが、子どもたちと歩くとなると途中に誘惑があり10~15分はかかります。なんでも「自分で!」の2歳の時の雨の日は大変で、傘をさして歩く→水たまりいっぱい→跳ねる→それを繰り返す為、雨の日は大きなため息をついていました。

帰り道は後は帰るだけなので、気持ちにも多少の余裕はありましたが、必ず通る八百屋さんに買い物がなくても立ち寄りゼリーを頂いたり、おいしそうな匂いがする食べ物屋さんの前で動かなかったり。4歳ぐらいの時には「まだ保育園で遊びたい!」「まだ帰らない!」と泣かれたり・・・その時々の悩みが連絡帳に記され、その悩みに保育士さんからのアドバイスもあり、ホロリしました。

プニプニだった小さな手からだんだんと細長くなり、私から差し伸べていた手が子ども達から「ママ手つなぐよ」と差し伸べられるようになりました。あれから2年。今では手をつないで目的地まで歩く事が少なくなりましたが、時々つなぐ手からそれぞれの成長や気持ちの変化を感じられるようになりました。

子育てって想像と違う・・・と感じる事は日々ありますが、その時々で悩み、楽しみ一緒に乗り越えて行く手段を覚え、男鹿でスタートした子育てを満喫したいと思います。

ページの先頭へ移動