保育料助成制度

令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化により、幼稚園・保育園・認定こども園などの3歳以上児の利用料が無償化されています。無償化についてくわしくは男鹿市HPをご覧ください。

多子世帯の保育料の軽減

保育園、認定こども園などをきょうだいで利用する場合、最年長のお子さまから順に2人目は半額、3人目以降は無料となります。

保育園・認定こども園(保育認定)
小学校就学前の範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもを第1子、その下の子を第2子とカウントします。

  • 所得が一定以下の場合、1人目の年齢にかかわらず2人目を半額、3人目以降の保育料は全額無料となります。

すこやか子育て支援事業

所得制限あり

保育園や認定こども園に入園している児童の保育料の1/2または1/4が助成されます。副食費は所得制限なく全額助成されます。
・平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた場合は、第2子以降の保育料が全額助成されます(所得制限あり)。
・平成30年4月2日以降に第2子以降が生まれた場合は、第2子の保育料が全額助成されます(所得制限あり)。

健康子育て課 子育て支援班 TEL0185-27-8074
ページの先頭へ移動