不妊治療

特定・一般不妊治療、不育症治療費助成の手続きはお早めに

市では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費用の一部を助成しています。治療終了日が令和2年4月~令和3年3月31日のものが、令和2年度の助成対象となります。申請期限は令和3年3月31日までとなります。早めの手続きをお願いします。

助成対象者

  • 申請の時点において、ご夫婦で男鹿市に住所を有している
  • 医療機関で治療が必要と診断され、特定不妊治療・一般不妊治療・不育症治療のいずれかを受けている
  • 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満である
  • 特定不妊治療については秋田県の助成を受けている

助成内容

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
対象費:県助成後の自己負担分
助成額:1回の限度額5万円
一般不妊治療(不妊検査・人工授精等)
対象費:平成26年4月1日以降の一般不妊治療に要した自己負担分
助成額:1回5万円を限度に年3回まで(助成を受けることができる年度は5年度まで)
不育症治療(不育症は妊娠しながらも、流産・死産を繰り返す病気です)
対象費:平成26年4月1日以降の不育症治療に要した自己負担額
助成額:1年度につき15万円まで(助成を受けることができる年度は5年度まで)

必要書類

特定不妊治療

  • 男鹿市特定不妊治療費助成金交付申請書
  • 秋田県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  • 秋田県特定不妊治療費助成事業協力医療機関受診等証明書の写し(対象の方のみ)
  • 秋田県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  • 戸籍謄本(別世帯等で婚姻関係が確認できない場合)
  • 特定不妊治療費助成事業指定医療機関が発行した領収書等の写し

一般不妊治療・不育症治療

  • 各治療費助成金交付申請書
  • 各治療医療機関等証明書
  • 医療機関の発行する領収書(院外処方に係る薬局の領収書含む)の写し
  • 戸籍謄本(別世帯等で婚姻関係が確認できない場合)
  • 夫及び妻の健康保険証の写し
  • 申請日が属する年の1月1日現在、市外に住所があった方は、その住所地の所得証明書

申請方法

治療終了後、早めに健康子育て課へお電話ください。提出書類を郵送いたします。以下から様式のダウンロードもできます。

健康子育て課 健康班 TEL0185-24-3400
ページの先頭へ移動